2018年8月2日オブジェクトVRをなめらかに表示させる為には?

EC360は、多方面から製品を撮影し360度のオブジェクトVR画像にしますので、撮影枚数が多くなるほどなめらかに表示させる事ができます。

反面、撮影枚数が多いほど、データの総量が大きくなるというデメリットもございます。

例として72方向から撮影したサンプルを掲載いたしますのでご確認ください。
※72方向撮影は通常のプランでは承っておりませんが、お見積り・ご相談ございましたらお問い合わせフォームよりご相談ください。

木製の手 オブジェクトVR

造剣が美しい製品をより精密に見せたい時にはご検討ください。

製品を『こんな風に見せたい……』といったご要望ございまししたら、お気軽にご相談下さい。ご要望に合うようなご提案をさせていただきます。

News archiveアーカイブ