2018年7月24日反射するオブジェクトの撮影とハイクオリティ ・レタッチオプションについて

商品撮影をするにあたって、反射する素材を美しく撮る事は難しいものです。
反面、光の当たり具合の変化で、製品の立体感がより感じられる製品として表現していく事もできます。

下記は3DCGを使ったオブジェクト3D化例ですが、光と影がの反射でより立体感が感じられるのがお分かりいただけますでしょうか。

仏像のオブジェクトVR

実際には部分的に反射する物、全体に反射する物などあり、特に平面な部分に反射する製品は、撮影機器なども写りこみが出やすくなります。

EC360のサービスでは、そういった映り込みを避けられない製品の撮影時には、よりキレイに仕上げる為のハイクオリティ・レタッチ オプションのご利用をおすすめしております。

詳しくはこちらのオプションをご覧ください。
http://ec360.jp/price/

News archiveアーカイブ